第3回松山ワカモノ宣伝会議報告

終回となる「第3回松山ワカモノ宣伝会議」が11月16日に松山市青少年センターで行われました。3回目は、95人が参加し、2回目の時に教わったキャッチコピーの考え方や写真の撮り方などを活かし、作成したポスターをさらに良いものにしていく作業を中心に進みました。
ワカモノのみなさんから提出されたポスターのクオリティーの高さに、田中淳一氏も驚いた様子。グループごとに別れた各テーブルでは、どのような意図で撮った写真なのかコピーなのかという発表が行われ、さらに「こうすればもっとよくなるのでは?」など、クリエイターの皆さんも交えて活発なディスカッションが繰り広げられていました。ここからポスターはブラッシュアップされ、精度を増して完成していきます。完成したポスターをお披露目するポスター展がますます楽しみになる「第3回松山ワカモノ宣伝会議」でした。

特別講師

日本を代表するクリエイターが特別講師を務めました!

POPS

クリエイティブディレクター
コピー&シナリオライター
東北芸術工科大学講師

田中 淳一

早稲田大学第一文学部演劇専修卒業。旭通信社(現ADK)でほぼ全業種の商品、企業広告を担当後、Creativity for Local, Social, Globalを掲げPOPSを設立。松山市、鳥取市、東京都など25都道府県超で自治体のブランディングや地域企業の商品企画などを手がける。’15~17グッドデザイン賞受賞展Creative Director、長編ムービーの脚本なども。国内外50以上の広告賞受賞、内外審査員歴多数。

司  会

ワカモノの価値観を熟知する気鋭のマーケッターがディスカッションをリード!

ADK

プランニング・ディレクター

藤本 耕平

1980年生まれ。一橋大学卒業後、ADKに入社(2002年~)。 マーケティング業務に従事。担当クライアントは若者をターゲットとしたブランドが中心。 ADK若者プロジェクトリーダーも務め、情報感度の高い学生メンバーで構成する若者マーケッター集団「ワカスタ」を2012年に創設。“若者”をテーマに、セミナー講演や新聞・雑誌のコラム連載、大学客員講師などの活動も実施。

サポーター

松山ワカモノ宣伝会議に協力していただいたみなさん

クリエーターズクラブ愛媛

結成10年目、愛媛県を中心に活動するデザイナーやフォトグラファー、コピーライター、イラストレーターが集まるクリエーターの団体。